コインランドリーの店舗を見つけるには

main-img

コインランドリーを経営するならば、十分なお金が必要になりますが、フランチャイズの場合であればおよそ2000万円から3000万円、個人の場合であれば1000万円ほど必要になります。


これらを自力で用意するのは難しいですので、銀行からの借り入れを期待することも重要でしょう。


ところが、銀行はそう簡単に融資をしてくれません。

コインランドリーの開業情報は必ず役に立ちます。

ですので、国で貸し出しをしてくれる所に頼ってみても良いかもしれません。

役立つT-SITEの便利な情報を集めたサイトです。

資金はできるだけ自分で用意するべきですが、すべて自分で用意するのが難しければ5割ぐらいは用意しておくべきです。



費用を用意することができれば、次はいよいよ場所を探すことになります。
場所を探すときのポイントは、周りにライバル店がないことが重要です。
これは地図上などで調べることもできますが、できるだけ自分の足で歩いていくと良いでしょう。

この時、どのエリアまで調べるかが重要になりますが、コインランドリーを利用する人は、わざわざ何キロも離れたところを好んで利用するはいませんので、自分がお店を出そうとしているところの半径1キロ以内を調べると良いです。

場所を借りる場合には、居抜き物件も検討してみると良いでしょう。
居抜き物件は、前の借主が設備や備品などを置いていった物件です。

うまくいけば、居抜き物件を利用することでコインランドリーの初期費用を大幅に安くすることも可能になります。

ただし、高価な設備がおかれている場合には、レンタル扱いになっている可能性がありますので要注意です。

ためになる生活

subpage01

家事の悩みの中でも主婦にとって洗濯は天候との戦いでもあり、雨の日が続けば衣類が大量にたまってしまうことになります。家の中に干すとしても生乾き臭さに悩まされることになり、清潔に衣類を洗い上げるためにはコインランドリーが役立ちます。...

more

大人の常識

subpage02

コインランドリーの経営をしたい場合には、場所の確保が必要になるでしょう。場所は、人が住んでいる場所であればどこでもいいわけではありません。...

more

基礎知識

subpage03

自宅に洗濯機があるという家庭になれば、コインランドリーを利用する機会もないと考えている人もいるのではないでしょうか。洗濯機がなければ一つ一つの衣類を手洗いすることになるので時間や手間がかかってしまうところ、コインランドリーがあれば非常に役立ちますが、他にもさまざまな利用方法で活用されています。...

more

知っておきたい情報

subpage04

雨の日が続くと、主婦にとって困ってしまうのが洗濯物です。外には干すことができないために天気を見ながら洗濯のチャンスをうかがっていれば、大量な衣類がたまってしまいがちです。...

more